向坂環 デレ顔バージョン

今回は、俺の嫁の写真です(お
全国一億二千万のタマ姉ファンの皆様ごめんなさい、うそですw
2007/11/30に送別会のプレゼントとして貰ったいわくつきのフィギュア。今回テスト的に撮影してみたので載せてみます。サイズがでかいのでいろいろな角度で撮影できないのが目下の問題点です。ちなみにすでに上も下もキャストオフしてしまってるので18禁です。


line



ToHeart2 向坂 環 デレ顔バージョン(1/5スケールPVC塗装済み完成品)
 ダイキ工業のツン顔バージョンに続くタマ姉第二弾はデレ顔。生産数はツン顔同様に4000個のようです。
 ブラとパンツは柔らか系の別パーツでできており、ブラは両端の接着されたダボ孔の問題を回避できればはずせます。ブラと制服の間に小さな金属ヘラを挟んで軽くドライヤーで加熱すれば取れます。パンツは普通に引きずり下ろすか、股の間にある接着されているパンツの継ぎ目をはずせば簡単にはずせます。
 詳しい方法に関してはGoogleで検索すれば先人の方々の情報が引っかかりますので参考にしてみてください。
 入手したフィギュアの中ではかなり古いにもかかわらず今までライトボックスを使った写真を日記に載せなかったのは理由がありました。
 このタマ姉、1/5スケールの立ちポーズなのでかなり大きいです。自作のライトボックスだとぎりぎりで、なおかつ光源を工夫してもうまく撮れないときてる。一番好きで一番撮りたいフィギュアの写真が一番撮影しにくいという状態にありました。何回も挑戦したんですが、暗かったり角度的に問題があったりとどうしようもないのばかりでして。
 それで日記に載せる機会がありませんでした。
 今回はテストを兼ねて現状の環境でどの程度までできるかやってみました。

 着衣用にすでにブラもパンツも取り外しています。
 エロとかそういうのよりも、これは芸術品だと思います。
 いい作品です。
 ただ、うちの自作ライトボックスだと少し上から俯瞰した感じで撮影しないと、ボックスの天井が写りこんでしまいます。だからちょっと頭でっかちに写ってしまうので今後の課題です。


 ボケた。。。
 サイズが大きいからカメラのピントが合ってくれません。



 サイドからだとボケてしまいます。
 今後の課題です。










 下からのぞくような感じで撮影できる限界はここまでです。
 これよりも上向きで撮影するとボックスの天井が写ってしまいます。




 自作レフ板の大きさも小さいので、反射もうまくできてません。
 これも改善課題です。





 天井が写ってしまいましたが、本当はこの角度でも余裕で撮れるように改善したいもんです。
 フィギュアのコメントほとんどかいてないですが、コメントつける必要もないくらいすばらしい作品です。
 フィギュアは玩具じゃなくて芸術作品だと思ってますが、ダイキ工業のこのタマ姉シリーズは本当に芸術作品に値する製品だと思いますよ。
 エロとかそういうの抜きにして、本当に綺麗です。眺めていて飽きません。
 着衣用と脱衣用と2体、ツン顔も同様に2体、合計4体所有していますが、何体あってもいい作品です。
 手に取る機会があればそのよさがきっとわかるかと思います。
 というわけで俺の嫁でした(お

電脳ぺんぎん の紹介

HMX.NET の中の人。株式会社ノー・コントラクト勤務。ディズニー好きで2パーク年パス所持者。暇があればTDSかTDRのどちらかにいます。趣味は化石・鉱物収集。かつて夕張、山ノ尾、妙見山、錫高野に入り浸っていました。
カテゴリー: フィギュア パーマリンク

コメントは停止中です。