カテゴリー別アーカイブ: Windows

DEC Celebris GL-2 6266ST

※ 本投稿は旧コンテンツで2001年1月23日に更新したものを再編集したものとなります。

■DEC Celebris GL-2 6266ST

DEC Celebris GL-2 6266STは、日本ディジタルイクイップメント株式会社(以下、日本DEC)が1997年に発表した企業向けのミニタワーPCです。
チップセットは440FX、Pentium II 266MHzを最大2個搭載することができます。
CPUに関してはそれ以上のアップグレードが用意されませんでした。
今回はより高クロックなCeleronへの換装を行います。

左側の2台がGL-2

【参考】日本DEC、Pentium II搭載機など企業向けデスクトップ8モデルを発表

IO-DATA PK-P2A500改造編

IO-DATAはSlot1搭載機のアップグレード用にCeleron(以下Mendocino-PPGA)を搭載したPK-P2A500というCPUアップグレードキットを用意していました。
そもそもMendocino-PPGAをDualで使うことはサポート外ですので、PK-P2A500はDual仕様で使えるとはうたわれていません。

Mendocino-PPGAをDualで動作させるためには、以下の条件を満たしている必要があります。(詳細はIntelデータシート参照)
(1) B75がAN15(BR1#)に接続されていること
(2) AN15が56オームでVtt(1.5V)に接続されていること

ですが、このPK-P2A500をテスタで調べたところ、PK-P2A500はB75がAN15に接続されておらず、しかもAN15がVttにも接続されていませんでした。
そのため、このままではDualで動作させることが不可能であることがわかりました。
今回はこのIO-DATA・PK-P2A500を改造してDual対応のCPUアクセラレータにし、Celebris GL-2 6266STをMendocino-PPGAのDualマシンにしてしまいましょう。

【参考】PK-P2A500 – IODATA

(1) PK-P2A500の基板を調べましょう

黄色の枠がいじる部分

基板を見てみると、怪しげなスイッチ群(SW1)と抵抗の乗っていないパターン(R7)が存在していることが分かります。
上の写真で黄色の枠で囲った部分がそのSW1とR7の部分です。

(2) B75とAN15を接続する

変更前 変更後

B75のパターンを追ってみると、そのパターンはSW1-7を経由し抵抗R11を経由してAN15に接続されています。
SW1-7はデフォルトでOFF(写真左)になっているのでこれをON(写真右)のように変更します。
これでB75-AN15が接続されます。

(3) AN15とVtt間を56Ωの抵抗で接続する

変更前 変更後

AN15-Vtt間はAN15-AD36間にパターンが存在し、パターン上に56オームの抵抗も乗っていることをテスタにて確認しました。
また、AN15-AD36の間にR7という0オーム抵抗の乗っていない部分(写真左)があるため、ここに0オーム抵抗を乗せるかショートさせるかすることでAN15とVtt間を56Ωの抵抗で接続されます。
私は手元に0オーム抵抗がなかったので0.26mmのジュンフロン線でショートさせました(写真右)。

(4) Celebris GL-2 6266STに実装

実装後の様子

処理が終わったら、カバーを元どおりにしてCelebris GL-2 6266STに実装します。
純正のファンは背が高くて互いに干渉するので、ファンをはずしてヒートシンクのみにします。
Celebris GL-2 6266STはCPU横に巨大なファンがついており、ヒートシンクのみでも十分冷却できます。
最後に、電源を投入して、BIOSで2CPUで認識していれば改造は成功です。
認識しない場合はもう一度確認してみましょう。
あとはWindowsNT4をインストールします。

(5) L2キャッシュの有効化

Mendocino-Celeronに未対応BIOSを搭載した440FX搭載機にMendocinoを搭載した場合、「L2キャッシュが切れた状態で起動する」という不具合が生じることが、広く一般的に知られています。
Celebris GL-2はBIOSでMendocinoに対応しているわけがなく、またBIOSのアップデートを行なってもMendocinoには対応しないので、このままではMendocinoは搭載してもL2キャッシュが切れたまま起動してしまいます。
これを回避するにはPowerLeap社の「CPU Control Panel」というソフトを用います。
OSが起動してから常駐するプログラムなので、OS起動まではL2キャッシュが切れた状態ですが、OSが起動してこのソフトウェアが常駐してしまえば、L2キャッシュの効いた非常に高速な環境となります。
残念ながらこのソフトウェアは、その性質上OSのインストール中に実行できません。
特にWindows2000のインストールにおいてはL2キャッシュの切れたままの状態でインストールが行なわれ、非常に時間がかかります。
なお、WindowsNT4に関しては、インストールが特に遅くなるという印象はありませんでした。

ビックの格安Win10タブSG080iで充電とUSBを同時に使用できたお話

あけましておめでとうございます。

昨年12/22、ビックカメラで格安Windows10タブレット「SG080i」が発売になりました。
Twitterを眺めていると、身内のフォロワーさんも何人か買ったようなので、私も遅ればせながら12/27に有楽町のビックカメラでシルバーモデルのSG080iSLを購入してみました。税込み19,224円ですがポイント10%かつアプリの新春クーポン3%で合計13%のポイントが還元で買えました。実質17000円弱というところです。
仕様は こちら にありますが、ストレージが64GB、11abgn対応、WUXGA液晶というところが気に入りました。
リモートデスクトップクライアントで使うのが目的ですし、そのときは特に不満もありませんでした。

このタブレットはUSBが1ポートしかありません。
充電しながらUSBが使いたいので、ハブ機能付きの ルートアール RUH-OTGU4+C を購入してみました。

この製品には「OTG only/A/B」の3つのスイッチがあり、対応端末以外では各モードのどれかで使用可能な場合があるようです。
SG080iはもちろん動作確認されていませんので、試行錯誤することになります。

結果からいうと、SG080iとRUH-OTGU4+Cの組み合わせて充電しながらUSBは使用可能です。
下記の写真のように、スイッチをAに合わせた状態でUSBメモリー、USB HDDを認識しつつ、1.60Aで充電できているのが確認できます。

SG080iとRUH-OTGU4+C

ただ、認識させるためには少しコツが必要でしたので備忘を含めてご紹介いたします。

1) RUH-OTGU4+Cのスイッチを「A」に合わせます。
2) 2A供給可能なACアダプタに2A供給可能なUSBケーブルを接続し、RUH-OTGU4+Cの給電ポートに挿します。私はRUH-OTGU4+C添付のケーブルと、Anker Anker 40W 5ポート USB急速充電器 71AN7105SS-WJA または Anker PowerPort 10 (60W 10ポート USB急速充電器) を使用しました。
3) 充電がされていることを確認したらUSBデバイスを接続します。

これでダメだったら引き続き以下を試してみます。
(OTGハブ側のスイッチをいろいろいじると最終的にまともに認識してくれなくなるようです)

4) ハブに接続したUSBを抜き、SG080iを再起動します。充電のみでUSBハブの機能を認識してくれないという場合にはこれが有効みたいです。私は試行錯誤で認識しなくなっていたようなので再起動を実施しました。
5) OSが起動して充電がされていることを確認したらUSBデバイスを接続します。

同様の製品をお持ちでうまくいかない方はOS再起動するとうまくいくかもしれません。

■追記
手持ちの PLANEX PL-QUCHG03 も充電しながらUSBを使うことができるという記載をamazonのレビューで見かけました。
この製品は充電器なのですが、どういうわけか隣り合っているポートが内部で接続されているらしく、そのポート間でデータの転送もできるようです。
試してみると、こちらも問題なく認識しました。
手順は以下の通りです。

1) USBケーブル(2A対応のデータ転送可能ケーブル)をPL-QUCHG03とSG080iに挿します。
2) PL-QUCHG03の隣り合ったポートにUSBハブを挿します。
3) USBハブにUSBデバイスを挿します。

これで認識しない場合は以下を実施します。

4) ハブに接続したUSBを抜き、SG080iを再起動します。
5) OSが起動して充電がされていることを確認したらUSBハブにUSBデバイスを接続します。

いちおうこれで充電しつつUSBのやり取りができますが、想定外の使い方なので個人的にはどうかなと思います。
それにしても最初にこれ発見した人はすごいですよね・・・。

Microsoft Surface Proを約一週間使ってみて

2013/6/7に発売されたMicrosoft Surface Proの256GB版を購入して一週間ほど使ってみたので簡単に感想などを書いてみたいと思います。

先行して発売されたSurface RTは評判が今ひとつ。
満を持して投入されたSurface Proも、第4世代Core iシリーズプロセッサー(Haswell)が搭載機が出始めており、すでに型落ちになっている第3世代Core i5(Ivy Bridge)を搭載するなど、取り巻く環境は芳しくないように思えます。
僕のtwitterのTLでも時代遅れのSurface Proに関して疑問視される方もいました。
とはいえ、次のを待っていてはいつまでたっても買えませんし、スペック的にこの程度あればそれなりに長持ちもするでしょう。
事実、僕のメインの事務用WindowsマシンはThinkPad T410sをデスクトップ化したものです。現行のT430sの2世代前のマシンでも問題なく使っています。
昔と違っていたずらにスペックを追い求め、こだわることをやめてからはある程度のスペックさえあれば満足できるようになりました。
ThinkPadがその他大勢のPCの一つに成り下がってしまった今、ThinkPadにこだわる理由もありません。
そこでApple製品以外で試してみようと手を出したのがSurface Proだったわけです。

経緯がながくなりました。
早速開梱の様子からご紹介したいとおもいます。
僕の日記ではあえて公開されているスペックに関しては記載しません。
公開されているスペックは以下をご覧ください。

■Microsoft SurfaceProの仕様

Microsoft Surface Pro 256GB
先週秋葉のヨドバシカメラで買ってきたSurfacePro 256GB。
価格は公式サイトの価格と同じでした。
ちなみにこの日、近所の千葉のヨドバシカメラに行ったら256GBは品切れで入荷未定でした。

Microsoft Surface Pro 256GB
ストレージは256GB、OSはWindows8 Proの64-bit版です。
Office Home and Business 2013が同梱されているのでお買い得感はあります。

Microsoft Surface Pro 256GB
化粧箱から取り出したところ。なんか無理して高級感出さなくてもいいんですが。

Microsoft Surface Pro 256GB
箱の蓋を開けると本体と付属品がお目見え。
Apple製品みたいに無駄にフィルムで包まれています。
iPad意識しすぎ。ゴミ増やさないでいただきたいです。
ちなみに本体の下にはスタイラスペンと説明書が入っています。
Officeを使用するときにライセンスキーを入力してアクティベーションをする必要がありますが、その際に必要なライセンスキーを印刷した紙は説明書の中に入っています。僕はそれがわからなくて難儀しました。
スタイラスペンは用途がないのと、ThinkPadのデジタイザーペンのように本体内部に格納できないため紛失しそうなので、使わないことにしました。

Microsoft Surface Pro 256GB
本体カバーの役割も兼ねるTouch Cover。外箱汚損で半額になっていましたので買ってきました。中身は新品ですし、日本語配列ですが半額なら満足できるので妥協しました。

Microsoft Surface Pro 256GB
液晶面。
720p HDカメラと光センサーがあります。windowsマークはWindowsキーボタンとして機能します。
液晶は光沢なので、映り込み防止のためラスタバナナのアンチグレアフィルムを貼りました。しかしながらこの製品、実は光センサー用の穴が間違えて逆側に開けられているので購入の際は他社のものにしたほうがよいでしょう。

Microsoft Surface Pro 256GB
裏面。
配色はチタンカラー。マグネシウム合金を使用しています。
写真でお分かりになるように、手あかが目立ちやすいです。
テーブルなどに置くときはここが底面になるので、傷をつけたくない場合には、Touch CoverかType Coverの併用が必須になるかと思います。

Microsoft Surface Pro 256GB
右側側面インターフェイス。
microSDXCカードスロットがついています。最大64GB(microSDXC)まで増設可能です。
電源コネクターはAppleのMagSafeに似た磁石で貼りつくタイプ。しかしながらAppleのMagSafeのように簡単に吸い付くわけではなく、コツをつかまないときれいに吸い付いてくれません。これが非常にイラつく点ではあります。どうにかならなかったのでしょうか。
ディスプレイ出力はMini Display Port。VGA変換はMBA用に売られているものが普通に使えました。僕はMBA用に購入したPlanexの安いやつを使っています。

Microsoft Surface Pro 256GB
底面インターフェイス。
Touch CoverやType Cover用のコネクタが。
電源コネクターとは異なり、各種カバーは特にコツも必要なく装着できます。

Microsoft Surface Pro 256GB
左側側面インターフェイス。
イヤホンジャック、ボリュームキー、USB3.0。
USBが3.0というのはありがたいです。手持ちのUSB3.0メモリーの転送速度が高速で涙しました。キーボードやマウスをつなぐこともできますが、1ポートしかないので積極的にBluetoothを使用したいものです。SurfaceProにはBluetooth 4.0が搭載されています。

Microsoft Surface Pro 256GB
上面インターフェイス。
電源/スリープボタンがあります。
カメラはフロント同様720p HDです。

Microsoft Surface Pro 256GB
底面にある隙間。この隙間から音がするのでスピーカーがあるようです。
SurfaceProはちょっと動画を見たりするだけで相当な発熱をします。放熱のための隙間も兼ねているのでしょうか。

Microsoft Surface Pro 256GB
別売りの日本語Touch Cover。
iPadのスマートカバーにキーボードがついたような感じです。質感も非常に似ています。
押した感じは全くありません。ポンポン叩くと入力されます。不思議な感じです。慣れてしまえば問題なく入力できますが、押した感覚が全くないというところで好みが大きく分かれそうなキーボードです。きちんと入力した感覚がほしい人や長時間入力する人はType Coverがいいと思います。
キー配列に関しては、F1~F12はFnキー+消音キーなどの組み合わせで実現します。デフォルトでF1~F12に割り当てられるようにする手段を探しましたが今のところ見つかりませんでした。
入力時にファンクションキーを多用するのでこれはいけてない点です(もし方法があったらすみません)。
タッチパッドとクリックボタンもついています。タッチパッドは小さいうえにピーチスキンみたいな感じなので非常に使い勝手が糞でございます。画面解像度が高いのですからもうすこしなんとかなんなかったのでしょうか。
評価としては一通り入力はできるし努力は認めるが糞、という感じです。

Microsoft Surface Pro 256GB
Touch Cover裏面。
起毛素材で滑りにくくなっています。

Microsoft Surface Pro 256GB
スタンドに関して。
角度調整全くできません。
これは非常に不便。糞。

Microsoft Surface Pro 256GB
iPad miniと厚みを比較してみたところ。iPad miniが薄いのではなく、明らかにSurfaceProが分厚いです。
重量は本体のみで900g超え、Touch Coverをつけたら1.1㎏を超えます。これ、11インチMBAよりも重いです。寝ながら持って使うには重すぎます。糞。
マイクロソフトはiPadの対抗馬にしたいようですが、タブレットとして見るならこの段階で負けています。向こうはタブレット、こいつはタブレットにもなるPCなわけですから、根本的に土俵が違うと思うんですよね。
僕はSurfaceProをタブレットとしては見ていません。あくまでPC、おまけでキーボードを外してタブレットにもなるという認識でいます。

Microsoft Surface Pro 256GB
iPad miniとSurfaceProの大きさ比較。SurfaceProは普通の10インチタブレットの大きさです。ただし厚みが以下略。

Microsoft Surface Pro 256GB
液晶。
10.6インチClearType HDディスプレイで視野角は非常に良好です。
解像度は1920×1080ピクセルですが残念ながら、デフォルトでは拡大されていて広く感じません。タブレットとして使用することを考えると100%のサイズでは小さすぎるのでしょう。

Microsoft Surface Pro 256GB
パフォーマンスに関して。
CPUはi5-3317Uの1.7GHz。メモリーは4GB。
エクスペリエンスインデックスは、CPU/メモリー/グラフィックス/ゲーム用グラフィックス/プライマリーハードディスク=6.9/5.9/5.6/6.4/8.1 といったところ。
普通のPCですから写真のように通常Windows向けに作られたゲームもインストールして遊ぶことができます。3D処理を多用するIllusionのゲームも問題なく遊べます。
OSの起動は8~9秒、スリープからの復帰は1~2秒というところです。ちなみに256GBの内蔵SSDはLITEONIT LMT-19nmBGA-256Gでした。

バッテリーに関して。
無線LANを使用して通信しながら使用して、フル充電から電源オフになるまでおよそ4:30でした。
残量10%と7%で警告、そのまま使い続けたらいきなりバスっと落ちました。データはきちんと保存されているのですがメッセージだすとかなんかしてほしいです。
四時間半という時間はタブレットとしてはどうかというと、普通にダメだと思います。持たなすぎます。Sony Tablet ZやiPadには到底太刀打ちできません。糞。

無線LANについて。
無線LANは802.11a/b/g/n対応、5GHz帯にも対応しているようです。
デバイスマネージャーに表示されたネットワークアダプタはMarvell AVASTAR 350N。

Microsoft Surface Pro 256GB
【○いいところ】
・Officeが標準搭載なのでお得感がある。
・既存のWindowsアプリがそのまま動く。
・サッと取り出してパッと使えるWindowsマシンという便利さがある。
・ノートともタブレットともどっちつかずな感が強いが、とりあえずタブレットとしても使えるノートPCとし重宝する。
・モニター、キーボード、マウスをつなげて省スペースデスクトップPCとして使える。
・起動、復帰が早い。
・液晶の視野角が広い。
・USBが3.0なのがいい。
・普通のLinuxが入るので最悪つぶしが利く。
・矢追純一UFOスペシャルが観られる。

【×糞なところ】
・買った時点でCPUが世代遅れ。
・メモリーが4GB固定。
・普通に重い。
・ちょっと使うと熱い。
・バッテリーが持たない。
・スタンドの傾きが調整できんし。
・英語キーボードが国内で買えない。
・非対応アプリが変に拡大されてイケてない。
・Windowsアプリストアに並ぶタブレット用アプリもそれほど多くなくイマイチ。
・大容量MicroSDカードを挿しても用途に困る。(リムーバブルドライブ扱いのため制約が多い)
・UIが退化してないか?(Win8の問題)
・スタートボタンがない。馬鹿なの?死ぬの?(Win8の問題)
・Touch CoverでF1~F12キーの扱いがぞんざい。
・スライドパッドが使いにくい。
・筐体に手垢がつきやすい。
・電源コネクタつけづらい。
・Touch Coverをつけると実はMBA11よりも重い。
・出先でバッテリーが切れたら悲惨。(他のタブレットならモバイルバッテリーで充電できるけどこいつはできない)
・OSがWindows。

【総評】
MBA11買ったほうがよかった。
日本マイクロソフトさん、もっとがんばりましょう。

【メモ】
SurfaceProでiPhone5の写真をiTunesを使わずに取り込む方法:
実はロックを解除せずにUSB接続しても写真にはアクセスできない。
写真を取り込むにはiPhone5のロックを解除して接続すればOK。
これがわからずしばらく試行錯誤して、この条件で写真の取り込みができることがわかった。