ThinkPad W701ds・怒りの第5回

 Lenovo ThinkPad W701dsがようやく到着しましたので、何回かに分けて製品のご紹介をしたいと思います。今回は急遽予定を変えて「57Y4345 ThinkPad W700 Mini Dock v2.0」に関しての情報をお知らせしたいと思います。


line



 W701dsを購入した後に注文した「57Y4345 ThinkPad W700 Mini Dock V2.0(以降V2.0)」が本日到着しました。

 この製品は「45J7951 ThinkPad W700 Mini Dock」の後継製品となるもので、現行ではV2.0で置き換えられて先代の販売は打ちきられました。
 V2.0では170WのACアダプターを必要とするW700シリーズ以外に、230WのACアダプターを必要とするW701シリーズにも対応しました。先代は販売時にW700シリーズしか無かったこともあり、対応機種にW701シリーズは含まれていません。そのため、私はV2.0でW701にも対応するための何らかの改修が含まれたと判断し、それを確認すべくV2.0を購入しました。
 先代とV2.0の仕様の差異に関するご紹介は後日改めてさせていただく予定ですが、今回はV2.0を購入する方が私と同じ失敗を繰り返さないようにするために重要な情報をお知らせしたいと思います。
 V2.0を開梱したところ、なんと ACアダプターが同梱されていませんでした
 付属品に不備があったのかと思い、先代とV2.0添付のセットアップインストラクションのシートを慌てて比較してみました。

 上が先代、下がV2.0。V2.0の方は「2.0」と明記されているのでよくわかるかと思います。
 シートを見比べてみると、先代にはACアダプターが添付されていますが、V2.0にはACアダプターの表記がありません。V2.0にはそもそもACアダプターは添付されていないのが仕様ということになります。W700シリーズ用の170W ACアダプターとW701シリーズの230W ACアダプターのダイレクト価格は共に約10000円。ACが付属する先代のダイレクト価格が約26000円、ACの付属しないV2.0のダイレクト価格が約16000円、価格設定が変更になったのはACアダプターが省略されてしまったからだと考えられます。
 V2.0では170W ACのW700シリーズと230W ACのW701シリーズに両対応するように、本体標準添付のACを使いまわすようあえてACアダプターを同梱しなかったということも考えられます。
 Lenovoの販売ページを見ると、ACアダプターが付属しているともしていないとも書かれていません。これはACアダプターが付属していた先代のときも同じだったと思います。今までに購入したドック(ウルトラベース除く)ではACアダプターやケーブルは標準で添付されていたと記憶していますし、先代ではしっかりACアダプターが添付されていたことを考えると、後継モデルであるこのV2.0でもACアダプターが付属しているとユーザーが勘違いしても不思議ではありません。
 ドックを買ったらACをつないで机の上に置きっぱなしにするという使い方は想定できるでしょうし、バッテリーの持たないW70xシリーズではACアダプターは必携となることも想定できると思います。そうするとACアダプターは2個必要になります。今まで私が購入したドック(ThinkPadドック、アドバンスドミニドック、セレクタドック等)にACアダプターやケーブルが付属していたのはそういう使い方を想定していたLenovoの気遣いもあったのではないかと思います。
 仕様の異なる機種に柔軟に対応させるべくACアダプターを同梱せずに別売りにしたというのであればそれでも結構です。ACの付属していた先代と比較すると、ACを合わせてV2.0を購入しても価格の変動がないですし、価格に関してもとやかく言うつもりはありません。ただ、ACアダプターが付属していないのであればそれを明記して欲しいのです。しかし、現状では何も書かれていません。
 思い込みで購入した私に非があるとはいえ、Lenovoのこの物の売り方というのはあまりに不親切だと思います。
 私はこれに気がついたのは到着して開梱した今日です。
 今日になるまでACが内蔵されない商品構成というのは知りませんでした。
 結局約10000円する230W ACアダプターを今日注文しましたが、Lenovo納期は遅いのでまたしばらく待たされることでしょう。使いたいときにすぐ使えないっていうのは何とかならんのでしょうか。。。
 Webサイトに一言説明を入れておけばユーザーは同時にACを買い求めることができますし、納期に時間のかかる発注を繰り返し行わなくても済みます(Lenovoの納期の遅さや不手際に関しては言いたいことは山ほどありますが、ここではあえて言いません)。Lenovoにはそういうところを改善してもらいたいです。
 このあたりは購入後満足度調査のメールがきたときに書いてみようと思います。
 怒りはこの辺で終わりにして、初代とV2.0の仕様の違いを。
 初代に230W ACアダプターを接続してW701dsを使おうとすると、電源投入後にワット数が少ないという警告が表示されてしまいます。V2.0では当然そのような警告は表示されませんから、電源回りに改修が入ったのでしょう。したがって初代はW700/W700ds専用で、W701/W701dsユーザーはきちんとV2.0買わないとダメということになります。
■結論
・ThinkPad W700 MiniDock V2.0にはACアダプターがついていません。ですので、必要に応じて170Wか230WのACアダプターを購入してください。
・初代ThinkPad W700 MiniDockはW701シリーズでは使いまわしが出来ません。W701シリーズで使う場合にはV2.0を購入してください。
 初代とV2.0の比較は後日改めてご紹介させていただきます。
 次回こそは外装に関してW700dsとW701dsを比較してご紹介したいと思います。

電脳ぺんぎん の紹介

HMX.NET の中の人。株式会社ノー・コントラクト勤務。ディズニー好きで2パーク年パス所持者。暇があればTDSかTDRのどちらかにいます。趣味は化石・鉱物収集。かつて夕張、山ノ尾、妙見山、錫高野に入り浸っていました。
カテゴリー: Computer, ThinkPad, W701ds パーマリンク

コメントを残す