MicroSDHC 32GB Class10

 アキバでノーブランド品のMicroSDHC 32GB Class10 を見つけたのでとりあえず買いました。すでにClass2とClass4の32GBを持っているのでベンチマークを取って比較してみました。


line



 ちょっと前まではMicroSDHC 32GBは高価で買えませんでしたが、このところだいぶ値下がりして気軽に買えるようになりました。
 手許のハイエンドAndroid端末が増加したこともあり、最近は16GBではなく32GBを買うようにしています。
 今日たまたまアキバに散歩に行ったところ、通りがかったお店でMicroSDHC 32GB Class10が8800円で売られていたのでとりあえず買ってみました。

 僕が使っているMicroSDHC 32GB。
 一番右のメーカー名のないものが今回買ってきたClass10のMicroSDHC 32GB。
 早速ベンチマークを計測してみます。

 ADATA MicroSDHC 32GB Class2。お値段5980円。
 シーケンシャルリードが約14MB/s、シーケンシャルライトが約6MB/s弱。
 安いですしまあそんなもんでしょう。

 SANDISK MicroSDHC 32GB Class4。お値段8480円。
 信頼と実績のSANDISKはこのような結果になりました。
 シーケンシャルリードが約20MB/s強、シーケンシャルライトが約6.5MB/s。
 先のClass2との差がほとんどないくせに1500円程度の価格差があるので、値段的にClass2買った方がいいかもしれません。

 ノーブランド品 MicroSDHC 32GB Class10。お値段8800円。
 ブランド名不詳。Made in Koreaと書かれている謎の製品。
 シーケンシャルリードが約20MB/s強とClass4の製品と変わりませんが、シーケンシャルライトが約17MB/s超え。
 ランダムがアレなのはまあナニですがw
 とりあえず見つけたら買って使っても悪くはないと思います。
※測定環境:
Lenovo ThinkPad T410s, Windows 7 Pro x64

電脳ぺんぎん の紹介

HMX.NET の中の人。株式会社ノー・コントラクト勤務。ディズニー好きで2パーク年パス所持者。暇があればTDSかTDRのどちらかにいます。趣味は化石・鉱物収集。かつて夕張、山ノ尾、妙見山、錫高野に入り浸っていました。
カテゴリー: Android パーマリンク

コメントを残す