かみけん氏とお会いしました。

 昨日6/13は「100台のThinkPad」まであと少しというほどのThinkPadフリークで有名な かみけん氏 とお会いしました。


line



 かみけん氏 はThinkPadの前身となるPS/55Noteなどはもちろん、ThinkPadブランドの機体だけでももうすぐ100台いくのではというほどのマシンをお持ちの方です。毎週日曜夜21時くらいからUstreamで新旧様々なThinkPadの紹介をしてくださっているのでThinkPad好きの方はご存知の方も多いと思います。
 先ごろtwitterでお話ししていて、じゃあ会いましょうかと言う話になり、スケジュールを調整してようやくお会いできることになりました。
 今回はかみけん氏の名機TP700とTP701、私のTP W700dsとTP W701dsを並べて、20世紀の700シリーズと21世紀の700シリーズの記念すべき巡り会いを実現すべく、かみけん氏にはわざわざ両国の私の家まできていただきました。ありがとうございます。

 かみけん氏のIBM PS/55note C52 486SLC (ThinkPad700C)。
 こんな名機を触ることができるとは!
 しかもきちんと稼働する立派な機体。すばらしい!

 1992年発売のIBM PS/55note C52 486SLC (ThinkPad700C)と、2009年発売のThinkPad W700ds。
 2つの700シリーズがこうして揃うことはそうそうないでしょう。

 かみけん氏のIBM ThinkPad 701CS。
 言わずと知れたバタフライ。現物を触ったのは10年くらいぶりでしょうか。
 このギミックはいまでも斬新です。

 1995年発売のThinkPad 701CSと2010年発売のThinkPad W701ds。
 700シリーズだけでなく701シリーズもこうして勢ぞろいすることは、ほとんど機会はないと思います。
 かみけん氏と新旧700シリーズの並ぶ姿をみて話し込みました。
 おなじThinkPadフリーク、そしてお互い使用する環境にこだわりのあるユーザー同士。5時間ノンストップで話し込み、時間はあっという間に過ぎてしまいました。今回は私の都合で18時までしか時間がとれませんでしたが、あの調子だと一晩軽く語り明かせると確信しました。時間が足りなすぎましたw
 昨年の引越しの前後で多くのマシンを処分してしまい、手元にあるThinkPadはT43p、X200s、X301、W500、W700ds、W701dsのわずか6台。
 周辺機器もほとんど処分してしまいましたが、手元に大切に残しておいたTP570/600用リージョンフリーDVDドライブ、純正LANカード、純正IEEE1394カード、TPドックIIIなどを彼に進呈しました。こういった品物は持つべき方の元にいくのが一番よいのです。
 あと、宣伝もかねてW700dsを特集したSV Magazine EX/08も進呈しました(ぉ
 あっという間の5時間でしたが、濃いお話が出来ました。
 今度はかみけん氏のお宅にお邪魔させていただく予定です。その際はどうぞよろしく!

電脳ぺんぎん の紹介

HMX.NET の中の人。株式会社ノー・コントラクト勤務。ディズニー好きで2パーク年パス所持者。暇があればTDSかTDRのどちらかにいます。趣味は化石・鉱物収集。かつて夕張、山ノ尾、妙見山、錫高野に入り浸っていました。
カテゴリー: Computer, ThinkPad, W700ds, W701ds, 日記 パーマリンク

コメントを残す