ThinkPad L/SLシリーズで互換バッテリー対策が施される

 twitterで情報をいただいた。
【Lenovo】BIOS – ThinkPad L410/L510/SL410/SL510

修正内容:
[新機能または機能の拡張]
-新ワイヤレスWANカードのサポート。
-Lenovo純正品以外のバッテリーが装着されている場合、バッテリーの充電をしない安全 対策の機能の追加。

 3/9公開のBIOSにおいて、ThinkPad L/SLシリーズで非純正バッテリーの充電ができないよう機能追加がされた。今後、他の機種にもこのような措置が行われるかもしれない。
 安全対策という面で互換バッテリーを充電できないようにさせるというLenovoの気持ちは非常によくわかる。
 しかし、純正バッテリーの販売が打ち切られた後、旧機種を使い続けるには互換バッテリーやセル交換に頼らなければならないというもまた現実。
 バッテリー提供打ち切りがその機種の事実上の寿命になってしまうのは、個人的には非常に悲しい。

電脳ぺんぎん の紹介

HMX.NET の中の人。株式会社ノー・コントラクト勤務。ディズニー好きで2パーク年パス所持者。暇があればTDSかTDRのどちらかにいます。趣味は化石・鉱物収集。かつて夕張、山ノ尾、妙見山、錫高野に入り浸っていました。
カテゴリー: Computer, ThinkPad パーマリンク

コメントを残す