BLANCPAINの時計の革ベルトに関して

BLANCPAINの時計の革ベルトは交換することができます。
傷んだ場合や気分を変えたいときのために様々な配色のベルトが用意されています。
ベルトは基本的にオーダー製、製作期間は2ヶ月ほどとなるそうです。
制作部分は革ベルトのみで、バックルや尾錠は含まれません。
それぞれの価格はBLANCPAINブティック銀座で直接ご確認ください。

革ベルト色見本
革ベルト色見本。
BLANCPAINでは様々な色や素材を用意して顧客のニーズに応えてくれます。
季節によって、シーンによって、ベルトの色を変えてみるのもいいかもしれません。
ちなみに右側の時計はヴィルレ・ウルトラスリム。
伝統を守ったベーシックかつ息の長い製品です。

それに比べてThinkPadは・・・。
伝統をぶち壊し、ThinkPadらしさを捨て、既存ユーザーを捨て、その他大勢の一つに成り下がってしまったThinkPad。
BLANCPAINも決して昔からのしがらみに囚われているわけではなく、きちんと改良しべきところはしたり、革新したり、新たなデザインを用意したりしています。
ですが、コアとなるベーシックなラインは昔からの伝統を守っていますし、それで立派に今、立派な時計メーカーとして地位を確立しています。
業種は違いますが、ThinkPadというかLenovoは、BLANCPAINのような老舗時計メーカーの思想を学ぶべきだと思います。

話がずれました。
というわけで、革ベルトはBLANCPAINブティック銀座に相談すれば制作してもらえるので心配しなくても問題有りません。

以上、BLANCPAINの革ベルトのお話でした。

電脳ぺんぎん の紹介

HMX.NET の中の人。株式会社ノー・コントラクト勤務。ディズニー好きで2パーク年パス所持者。暇があればTDSかTDRのどちらかにいます。趣味は化石・鉱物収集。かつて夕張、山ノ尾、妙見山、錫高野に入り浸っていました。
カテゴリー: BLANCPAIN, Fashion, VILLERET, ブランパンブティック銀座, 時計 パーマリンク

コメントは停止中です。