BLANCPAINブティック銀座(2)

2/23と3/13にまたBLANCPAINブティック銀座行ってきました。
と入ってもそれ以外にも何度も行ってもはや常連ですがw

2/23に行った時のこと。
いつもの僕担当のお姉さんがお出迎え。このお姉さん好みなんでいいかんじです。
「温かいものと冷たいものとどちらが良いですか? 冷たい方にはシャンパンもご用意できますよ」
「じゃあシャンパンでおながいします!」
・・・医師からアルコール止められているんだったけど少しならいいよね。。。。
んで出てきたのが、これ。

BLANCPAINブティックでシャンパン
BLANCPAINブティックでシャンパン。
ここは時計屋ですよねw
この日は時計を見つつ担当者と話をしつつシャンパンを愉しみました。
帰り際に雑誌をたくさんいただきました。
BLANCPAINが出している雑誌で、時計だけでなく料理やワインなどの話題も豊富なんだとか。
内容は英語だけども読めないことはないので喜んで譲っていただくことに。

BLANCPAINの雑誌(1)
BLANCPAINの雑誌(1)。

BLANCPAINの雑誌(2)
BLANCPAINの雑誌(2)。フィフティ・ファゾムスが表紙を飾っています。
この日は雑誌を頂いて帰りました。
いつもありがとうございます。

3/13、銀座散策中に急に便意をもよおしニコラス・G・ハイエックセンター4Fへ。このビル、地上から一番近いトイレは4Fという実に鬼な仕様w
受付の人はもう顔なじみなので
「すんませんトイレ貸してください(汗」
「それでは4Fへどうぞw」
スウォッチブティック銀座直通のエレベーターは地上から地下に降りる1基のみだが、2階より上層部に関しては通常のエレベーターがある。僕はそのエレベーターに乗って4Fトイレへ。
トイレ行ってスッキリしてから、BLANCPAINブティック銀座に。
「電脳様、今日は何に致しますか?」
「コーヒーでお願いします」
僕はコーヒーはブラックで飲む人間なのですが、一回ここでコーヒーお願いした時にブラックで結構ですといって以来、他の人が淹れてもずっとコーヒーの場合はブラックで出してくれます。
ちなみにここは時計屋ですw

夢のBLANCPAIN片腕2本巻き
普通じゃ絶対不可能に近いBLANCPAIN2本巻き。左側はヴィルレ・ウルトラスリム・セコンドハンド・デイト(以下ウルトラスリム)。
ウルトラスリムは新たに店員さんが薦めてくれたもの。薄い割にはこれで自動巻きかつサファイアクリスタルガラスの裏蓋で内部が見えるようになっています。
ただこれは通常ラインナップですぐに無くなることはないので慌てなくても大丈夫ですよと店員さんの弁。
ROLEX SUBMARINERやTUDOR CHRONOTIMEは厚みがあるのでYシャツの袖を傷めていたので、こういう薄型もありかもしれません。
また、大切な打ち合わせ以外に冠婚葬祭にも使える上品なモデルなので気になっています。
まずはレマン・フライバック・クロノグラフ・ラージデイト限定版を先に考えたほうがいいです、と言われました。
レマン自体のラインナップの供給がなく、場合によってはラインナップごとなくなってしまう可能性もあるらしいです。
いつかフライバック・クロノグラフを手に入れたいものですね。


ヴィルレ・ウルトラスリムのブルーエナメル版。
ウルトラスリムでこういうのもいかがですかと店員さん。
しかしすごいなこれ・・・。

ウルトラスリム 18Kレッドゴールド
ウルトラスリムでもう少し年配向けには18Kレッドゴールドモデルもあるとのことで試着しました。
僕にはまだ早そうですね。

ウルトラスリム 18Kレッドゴールド ホワイトエナメル
ウルトラスリム 18Kレッドゴールド ホワイトエナメル。
もう芸術品過ぎて腕につけるとかそういうレベルじゃないですこれw

この他にも何本か試着しましたがいっぱいいっぱいで忘れました。
また試着してこようと思います。

スウォッチブティックもオメガブティックもブランパンブティックも僕がいまどういう状態か店員さん知っているので気軽に話ができます。
病気の話とか世間話ですがw
どうでもいいですが最近オメガブティック銀座行くとラーメンの話だけして帰ってくるとかおかしすぎますw

そうそう、あとブランパンもオメガもスウォッチも同じスウォッチ・グループで同じニコラス・G・ハイエックセンターに入っているブティックなんですが、どういうわけかそれぞれのブランドの裏側で僕の動向が共有されていて、
「今日はブランパンで物色していたそうですね」
「オメガのXXさんからスピードマスター見てたのを聞きました」
「電脳さん、ブランパンとかオメガとか行き過ぎw ブランパンとオメガで何物色してたか知ってますよw」
とか僕の行動が筒抜すぎでわろたw
なので、それぞれのブティックにいても
「これからオメガ行って来ます」とか「ブランパン行って来ます」とか「スウォッチに帰ります」とか平気で言えるわけでして。

人間、趣味の話が出来ないのはつらいものです。
PCやディズニー、カメラ(あんまり話したくないけど)は話せる方々に恵まれていますが、時計はそれほど多くないので正直、ブティックの店員さんくらいしか話す人がいません。
闘病初期に一時期言葉に詰まって話すことができなくなってしまった事がありましたが、それがここまで治ったのは話を聞いてくれるブティックの皆さんのおかげだと思っています。
物もそんなに買わないのに3つのブティックの皆さん本当に有難うございます。

ちなみにスウォッチブティック銀座では僕はもはや客扱いされてませんwwwwwひでぇwwwww

ということでブランパンブティック銀座のお話でした。

電脳ぺんぎん の紹介

HMX.NET の中の人。株式会社ノー・コントラクト勤務。ディズニー好きで2パーク年パス所持者。暇があればTDSかTDRのどちらかにいます。趣味は化石・鉱物収集。かつて夕張、山ノ尾、妙見山、錫高野に入り浸っていました。
カテゴリー: BLANCPAIN, Fashion, LEMAN, VILLERET, ブランパンブティック銀座, 時計 パーマリンク

コメントは停止中です。