スウォッチストア豊洲に行ってみた

もうすぐ結婚記念日が近いので、今日は妻と一緒に結婚記念日のプレゼントを買いに行きました。
僕はいつも妻にいろいろとディズニーグッズをもらっているので、僕からは妻に時計をプレゼントすることにしました。
彼女の時計はもうぼろぼろで、先日Baby-Gを買い変えたところ非常に気に入っていたようです。
ですが、仕事柄防水が必要とはいえやはりもう少しスリムで小さいアナログ時計が欲しかったらしく、ここはSwatchをおすすめするしかないと思い、二人でららぽーと豊洲に。

途中ハンズでバーゲンがあったので付き合っていましたが、人が多くて気持ちが悪くなったのでベンチで休憩。
実は僕はしばらく前から鬱病でいろいろ症状を併発しており、人が密集していてなおかつ動きの読めない所だと気持ち悪くなります。
今回もそうでした。
忘れていましたが昼の薬が切れており調子が悪くなっていたことに気が付きました。
水を飲もうにも近くにトイレもなくいので、ウォーターサーバーの試供品をやっている場所に行く事にしました。

「・・・すみません、クスリ飲まないと辛いんです・・・。水下さい」
「あ、そうですか、それでしたらこれを是非お使いください!」

ピルケースから出し、口に放り込んで飲んだ。
水は多めに戴いた。

「わたくしどもは コスモウォーター ともうします。お辛いようですのでお名前だけでも覚えていただけると幸いです」
「クスリ飲むためだけに利用させていただいてほんとすみません。お名前は覚えました。機会がありましたらよろしくお願い致します」

というわけで、僕の苦しみを救ってくれた コスモウォーター さんにリンクはらせていただきました。ステマじゃないよ!

近くのベンチで妻と休憩しておちついてから行動開始。
実は僕は朝から何も食べていない、というか食べる気力がなくて何も食べていなかったのです。
気分は良くても食べる気力がないこともよくあります。

ハンバーグ屋でランチをやっていたのでランチを食べました。
以前にもきてますがここ肉うまいんですよね。。。
食事して休憩して移動。

無印良品へ。
僕は6日ほど前に無印良品でポケットファイル三段を注文していました。
在庫の2冊と取り寄せ3冊。今日見たら2冊在庫があったので追加で買いました。合計7冊。
1冊1260円ですが今はキャンペーンかなんかで半額にしてくれました。
ありがたや。

「パンフレット入れるのにこれ重宝するので買いだめしました」
「ありがとうございます。パンレットというと、ディズニーランドとかディズニーシーですよね?」
「あ、わかりましたかwwww」

どうやら服装でわかったらしいw
どう見てもディズニー好きにしか見えない服装してたからねw

その後本命のスウォッチストア豊洲に。
今日はROLEXじゃなくてつけていったのは、これ。

sdn101 HAPPY FISH

Swatch sdn101 HAPPY FISH

1991年モデルのスクーバ200のHAPPY FISH。
色も夏っぽくてとてもお気に入り。でももうバンドが切れたら替えが利かないし、結構気を使う。
大量生産大量消費の品物を長く使うとこれがこわい。

妻は製品を物色。
僕のもとに店員さんが来る。
会話が始まる。

「結婚記念日のプレゼントに妻にスウォッチをプレゼントしようと思いまして」
「それはありがとうございます。あ、お客様のスクーバですね。しかも相当昔の有名モデルですね」
「はい。スクーバでお気に入りのハッピーフィッシュです。スクーバの新モデルってなんかありますか」
「それがですね・・・だいぶ前にスクーバ200シリーズは廃版になりまして・・・」
「えっ、廃版? メインシリーズの一つだったスクーバが!?」
「はい・・・」
「じゃあアクアクロノは?」
「それも・・・」
「オートマチックはありますよね?」
「オートマチックは通常モデルは廃版になってアイロニーシリーズのみになってしまいました。こちらですね・・・」
「ということは、ミュージーコールもルーミも・・・」
「もうしわけありません、はるか昔に廃版に・・・」
「まじっすか・・・」
「ほんとうに申し訳ありません」
「で、ここまで聞いて申し訳ないんですが、これらの替えのベルトって入手できますか?」

gz115 GOLDEN JELLY and gr112 CHICCIRICHI

Swatch gz115 GOLDEN JELLY, Swatch gr112 CHICCIRICHI

「うわあ・・・20年以上昔のレアモデル・・・。しかもこっちのゴールデンジェリーは一般に入手出来ないものでしたよね」
「昔個人輸入しました。クラブに入ってないと配布されないとかで超面倒くさかったっす」
「そうでしたか。。。こちらのジェリー系は若干素材が違いますが取り寄せ可能ですよ」
「じゃあ取り寄せお願いします。ただ・・・このモデル今から20年以上昔のモデルですよね。本体が劣化している可能性があるのでベル交換はお客様でやっていただいていいですか? こちらでもできるんですが、古いモデルゆえ同意していただいても何かあった場合に責任取れませんので・・・。この継ぎ目が壊れるんですよね・・・」
「そうなんすよ、そこがぶっ壊れるんですよね。劣化して。ほんと厄介っす」
「あと、こちらのキャラクターのは正直在庫がないのでもう無理です、すみません」
「了解です」
「あと、いま手元に24年前のモデルがあって、一回ベルト交換してるんすがべたついてきたので交換したいんですが、代替ありますかね、これなんですけど。(※注:写真左)」

gw110 WHITE KNIGHT and suow100 WHITE LACQUERED

Swatch gw110 WHITE KNIGHT, Swatch suow100 WHITE LACQUERED

「(※注:写真左)これ1980年台のもでるじゃないですか!!!すごいですね!!!!」
「もう年月が過ぎて本当は真っ白だったんですがベージュになってしまいまして、似た色のベルト欲しいんです」
「試しに白やってみますか?」
「はい。あー、白はだいぶ色違いますね」
「ですよねー。じゃあアイボリーがあるのでそれならその変色したケースにも合うとおもうのでそれ取り寄せましょう。だめだったら返品OKなんで」
「すんまんせんです」
「お客様、95年くらいまでSwatchお使いのようにお見受けしますが」
「だいたいそのくらいですね。それ以はしばらく・・・」
「その間にだいぶラインナップ代わりましたよ。もしよければご説明いたしましょうか」
「興味があるのでお願いします」

妻と一緒にそれぞれ新ラインナップの説明を受けました。
スウォッチは全然別のものに進化していました。
もちろん昔のテイストを復活させたようなものもありました。

「この青いスケルトンモデルはかつてのブルーマチックを彷彿させますね」
「あれ名作ですよね、オートマ初代モデルでしたしね。。。」

もうこっから店員と僕が友達のように話が盛り上がる。
店員は奥からモノ・マガジン別冊のスウォッチ聖書持ってきて話し始めた。
「それ僕も持ってますwww超名著wwwww」
「古いモデルを網羅しているのやっぱりこれですよね・・・」
「お客さまのさっきの白いモデルこれですよね、WHITE KNIGHT」
「そうですそうです。あ、あとこれも今日は持ってきてないですが自宅においてあります。これデザインすきなんすよwwww」
「地球サミットのタイム・トゥ・ムーブですね!!!これいいですよね」
「あとこれもあります。12/3/6/9時に時針と分針が重なると顔になるんです。デザインは、ジャンシャルル・ド・カステルバジャック」
「おもしろい作品ですね!」
「ミュージコールは初代ヨーロッパ・イン・コンサートを持っています。いま電池切れてますが、アラームの作曲者がジャン・ミッシェル・ジャールで、僕の大好きなシンセサイザー奏者でして!!!」
「あれ持ってたんですか!国内未発売じゃないですか?」
「個人輸入しました、高校生の時にw 英語が通じるようだったので英語がんばりました」
「なんという高校生w」

さらに店員と話が盛り上がる。

「ちなみに最近こういうのもでまして。黒い表紙のだいぶ分厚い冊子なんですが」
「これは非売品すか?」
「売り物なんですけどここ豊洲では売ってないんですよ。。。銀座にしかなくてですね。。。」
「あー、そうなんすかー。欲しいんですけどなんとかなんねえっすか?」
「銀座から代引でというのは可能ですけどもそれでよければ」
「じゃあそれでお願いします。連絡先はさっきのところでいいんで!」
「わかりました」
「あ、ちなみにいくら位ですか?」
「書籍代は3990円です。あと送料と代引手数料が幾分かかります」
「了解です。手に入ればいいっす」
「これ、コレクターの方が出品したのを記念に出した書籍なんですよね」
「あー、このコレクター超有名じゃないっすか・・・寄贈すりゃよかったのになあ。。。。」

そうこうしているうちに妻がモデルを絞ったようで。
最終的に色は自分が選んでた模様。
これプレゼントするよと言ったらすげえ喜んでいました。

店員さんに、彼女のだけプレゼント用にパッケージしてくださいとお願いしてパッケージングしてもらいました。

で、結局僕は悩んで新ラインナップの

gw110 WHITE KNIGHT and suow100 WHITE LACQUERED

Swatch gw110 WHITE KNIGHT, Swatch suow100 WHITE LACQUERED

suow100 WHITE LACQUERED(※注:写真右)を購入。白モデルに関して歯車などの色は全部共通なんだそうでし。
それ以外の同シリーズはランダムで部品の色が異なる世界一点物になるとののこと。次回また別な色のを一本買おうと思いました。青か赤だな。。。

それから帰り際に朗報が。
「スウォッチではたまにイベントやってまして、うちはその招待ができるんですが、よろしければ次回以降のイベントの招待をいたしましょうか?」
「まじっすか!」
「はい、お客様スウォッチかなりお好きなようですし!」
「じゃあよろしくです。住所はさっきのところで構わないので送って下さい」
「わかりました。では予約商品等も含めて動きありましたらご連絡差し上げます」
「お世話になりました。ありがとうございます」

帰ってきてから妻に結婚記念日のスウォッチをプレゼント。中を開けて腕にはめてみては大喜び。
世界共通の各言語のマニュアル見て混乱気味だったのがかわいかった。
少し早い結婚記念日のプレゼントだったけど、彼女のとって本当に使える実用的なもので喜んでもらえてよかったです。
モデルは違えど買った日は同じ、そして同じスウォッチ。
ペアじゃないけど心のなかではふたりともペアです。
そして最後に一言。

「あなたと店員仲良くなるの早すぎwwww 会話、ありゃもうマニアだわwwww」

サーセンwwwwwww

# 2012/8/24 誤字脱字、表記の一部を加筆修正

電脳ぺんぎん の紹介

HMX.NET の中の人。株式会社ノー・コントラクト勤務。ディズニー好きで2パーク年パス所持者。暇があればTDSかTDRのどちらかにいます。趣味は化石・鉱物収集。かつて夕張、山ノ尾、妙見山、錫高野に入り浸っていました。
カテゴリー: Fashion, Swatch, スウォッチストア豊洲, 時計 パーマリンク

コメントは停止中です。